Copyright(C)2017 Yui Aoyama All Rights Reserved.

ソマティックエクスペリエンシング®

SE®(ソマティックエクスペリエンシング®)は、ロルファーでもあるPeter Levine博士が開発した、すべての動物に備わっているトラウマをリセットする仕組みを利用した、身体指向のトラウマ療法です。


例えばシマウマがライオンに襲われて逃げ切ることができなかった場合、’凍りつき反応’が起きて全身が硬直し麻痺した状態になります。痛みを感じずにすみ、野生動物は動かなくなった動物をそれ以上傷つけないようにプログラムされているので、隙をついて逃げることができるかもしれません。
凍りつき反応の後に逃げのびることができたシマウマは安全な場所で全身を震わせて滞ったエネルギーを放出し、その後は何事もなかったかのように日常に戻ることができます。
このようにトラウマを受けた時に起こる凍りつき反応は、生き延びるための最終手段であり有効なツールです。

人が身の危険を感じて、それに対して戦うことも逃げることも出来なかった場合、野生動物と同じように凍りつき反応が起きます。
人が野生動物と異なるのは、危険が過ぎ去っても、知性が邪魔をしてエネルギーを解放する自然な働きが起きにくいところです。その時感じたかった感情ややりたかった動きなどを放出して完了させるのではなく、何事もなかったかのように抑え込んでしまうと、過剰に高ぶった交感神経とそれを抑え込む副交感神経が衝突した状態が続き、エネルギーを消耗し続けます。


SEでは、トラウマは出来ごとの中にあるのではなく、神経系の中にあると考えます。神経系が高ぶった状態で固定されているのに対して、身体の中で大丈夫なところ(リソース)とつながりながら、プロセスがゆっくりと確実に完了するのを助け、正常な神経系のバランスに戻るのを促します。


今生存している私達はトラウマよりも大きな存在です。すでに持っているトラウマを扱える能力とつながれるように助けるのがSEセッションです。
トラウマの出来事自体にフォーカスするのではなく、身体の自然な機能が回復するのを助ける優しくて効果的な手法です。


以下のような方にお勧めです。 
 ☆ ご自身・身体を大切にしたい/理解を深めたい
 ☆ イライラしやすい、落ち着きがない、感情が不安定になりやすい
 ☆ 元気が出ない、無気力になりやすい
 ☆ 体の感覚を感じにくい、視野がせまい

SE Japan公式サイト